21世紀を生きる子どもたちの「つくる力」と「伝える力」を伸ばします。

画面上の簡単な操作で、コブタのピッケや仲間たちを主人公におはなしづくり。
プリンターで印刷すれば絵本をつくることができます。電子黒板やプロジェクターを利用してプレゼンテーションができます。物語をつくり・語り・分かちあう、物語を通した創造表現活動は自己肯定感を高め、21世紀を生きる子どもたちの「つくる力」と「伝える力」を伸ばします。

つくると伝える

活動の3ステップ 物語を、つくり・語り・分かちあおう

おはなしづくりには3つのステップがあります。

  1. 画面上にキャラクタやアイテムを配置して物語をつくる。
  2. 物語を紙の絵本として、自分の外へ取り出す。
  3. 絵本を手に、あるいは大画面で共有し、物語を語り分かち合う。
活動の3ステップ
Page Top

活動のねらい

1)つくる喜びを味わう
戸外で身体を存分に動かして遊ぶように、想像の世界で心を解き放って遊ぶことは、子どもたちの心を楽しみで満たします。
言葉と絵で(絵本において絵もまた言葉です)物語を紡ぎながら、言葉の深い喜びを味わいます。
言葉と物語を通して、内なる心を育てます。
 
2)コミュニケーションの基盤を育てる
自分のつくったお話を人に聞いてもらうことは、嬉しく誇らしいものです。
認められることで、自分を肯定し人を信頼できるコミュニケーションの基盤が心の中に育ちます。
 
3)つくる側になる
現代社会では、食べる物も着る物も、生産者と消費者が分かれています。
子どもの生活に身近な絵本をつくることで、いつでもその境界を越え「つくる側」に回れるのだと経験できます。

Page Top

例えばこんな使い方 <小学校での活用事例>

おはなしをつくろう

「いつも買ったり借りている絵本。今日は皆が作ります」ポーズをつけ、顔の表情を選び、文字を入力して物語をつくります。出力して製本。電子黒板上で画面をプレビューしながら自作を発表。互いに鑑賞します。

おはなしをつくろう

画面投影でプレゼン 絵本は図書室に展示(立命館小学校1年)

かけ算絵本をつくろう

自分の作った文章題を絵本にしようとすると、あいまいな理解のままでは表現することができません。つまずいている箇所が浮彫りになります。

かけ算絵本をつくろう

かけ算の文章題を絵本に(柏市立旭小学校2年)

下級生のための教科書をつくろう

難しいことをやさしく、やさしいことを楽しく、相手の視点に立って、わかりやすく読みたくなる教科書をつくります。物語絵本との違いを考え、表現を工夫します。

下級生のための教科書をつくろう

絵本を贈ろう(異世代・異文化との交流)

贈る相手に想いを馳せると、テーマや言葉を大切に選びます。交流を通して、互いを知り尊重します。

絵本を贈ろう(異世代・異文化との交流)

シルバー層に絵本を贈って交流(柏市立高柳小学校4年)

1年生のための絵本をつくろう(ペア読書会)

相手を意識したオリジナル絵本づくりの授業実践。子どもたち同士が教え合い学び合う協働的な学び(協働学習)を通して、つくる喜びと伝える楽しさを育てます。 活用実践報告(増井泰弘先生) pdf A4x2ページ >>

1年生のための絵本をつくろう(ペア読書会)

ペア読書で1年生に読み聞かせ(丸亀市立城北小学校6年)

Page Top

立命館小学校のロボティクス科1年生で、ピッケを活用した授業が行われました。

(2009年度2学期 13コマ)

立命館小学校での特別授業のレポートは こちら >>
この立命館小学校の特別授業のように、前身ソフト「ピッケのおうち」(無償公開中)も、合わせてご利用いただけます。
国語、算数、英語、情報、総合などはもちろん、特別支援教育にもご活用いただけます。

Page Top

子どもたちによる作品

さまざまな年齢の子どもたちによってつくられた絵本です。
(表紙をクリックすると、絵本を開くことができます)


by りく (4歳)

by かなこ (6歳)

by たいち (6歳)

by りさこ (8歳)

by あいこ (9歳)

by はな (10歳)

by わか (12歳)
 

※ 閲覧にはAdobe Flash Player (無償) が必要です。

Page Top

ダウンロードコーナー

ダウンロード用pdfです。出力して資料としてご利用ください。


「ピッケのつくるえほん」
CE(学校用PC版)説明
A4両面

「ピッケのつくるえほん」
CE(学校用PC版)
授業アイディア集
A3両面 2つ折り

「ピッケのつくるえほん」 CE
「ピッケのおうち」 概要
A4片面

コラム「おはなしづくり
で子どもたちの心に安全
基地を育てたい」
A4×2ページ

「ピッケのつくるえほん」
CE(学校用PC版)説明
A4両面

「ピッケのつくるえほん」
CE(学校用PC版)
授業アイディア集
A3両面 2つ折り

コラム「おはなしづくり
で子どもたちの心に安全
基地を育てたい」
A4×2ページ

活用実践報告
(丸亀市 増井泰弘先生)
A4x2ページ
IPSJ-DP0202007
特集:世界に飛び出す日本のソフトウェア
投稿論文

「ピッケのつくるえほん」 CE
「ピッケのおうち」 概要
A4片面

活用実践報告
(丸亀市 増井泰弘先生)
A4x2ページ
IPSJ-DP0202007
特集:世界に飛び出す日本のソフトウェア
投稿論文

以下もご覧ください。

Page Top

操作はとっても簡単

各種コマンドは画像アイコンで表示、直感的にわかるインターフェースです。
ポーズの変更をインタラクティブに行える、喜怒哀楽の感情バリエーションを選べるなどにより、発想を促し物語を深めます。

操作感をためしてみる

まずは無料体験版で「ピッケのつくるえほん CE」(パソコン版)の操作感をお試しください。
無料体験版 ※ アイテム数およびページ数限定です。保存や印刷はできません。
Adobe Flash Player (無償) が必要です。

Page Top

購入のご案内

「ピッケのつくるえほん CE」アカデミック価格(税別)

パッケージ版 4,800円
追加ライセンス 4,000円
1校ライセンス(1年間) 38,000円
1校ライセンス(5年間) 180,000円
対応OS: <Windows> 10/8/7/VISTA/XP
<Mac> OS X v10.4.9以降
CPU: <Windows> 1GHz以上
<Mac> Intel Core2 Duo以上
メモリ: 512MB以上(1GB以上を推奨)

製品の内容については、問い合わせフォームから株式会社グッド・グリーフへお問い合わせください。
 
製品の購入についてのお問い合わせは、下記の販売総代理店へお願いいたします。

Good Grief Dis
販売総代理店: ダイワボウ情報システム株式会社
お問い合わせ: dis-bunkyo@pc-daiwabo.co.jp
TEL: 0570-550-674
Page Top