ピッケのおうち ピッケのつくるえほん ピッケのつくるプレゼンテーション

News

活動レポート メディアでの紹介
遊びは学び。学びは遊び。
ピッケのおうち ピッケのおうち

おはなしの世界を、親子いっしょに楽しもう。

ネット上の小さいおうちに住むピッケとかくれんぼをしたり、森に住む仲間と音楽で遊べます。電源を切っても遊べるよう、ご自宅のプリンターで作れる紙工作も用意しました。
※ パソコン(Windows/Mac)のブラウザ上で、無料でお楽しみいただけます。

つくる人になる。
ピッケのつくるえほん ピッケのつくるえほん

おはなしをつくり、語り、大切な人に届けよう。

顔表情を選びポーズを付け、幼い子であればごっこ遊びをするようにおはなしづくりを楽しめます。音声を録音してデジタル絵本/印刷して小さな紙の絵本。絵本というカタチで外へ取り出しシェアできます。
※ iPad版とパソコン版があります。

ピッケのつくるプレゼンテーション ピッケのつくるプレゼンテーション

考えをまとめ表現し発表しよう、互いに学びあおう。

文教向けのプレゼンテーション作成ソフトです。小学1年生でも簡単操作。自分の考えをまとめ発表することが、楽しく嬉しい学びになります。
※ 学校・団体・法人向け製品。Windows版です。

「つくる」があたりまえになる未来へ。
想像し、創り、表現し、発信する人になろう!
Page Top

PeKay

PeKay

ピッケ(PeKay)

2001年 ネット生まれのコブタの男の子です。
子どもたちとICTを繋ぐMedia(媒体)となります。

2001年、子どもたちにコンピュータと幸せな出あいをしてほしいとつくり始めました。

 
子どもの育つ場所について理想があります。

About

Good Grief!

グッド・グリーフは、ICT(Information and Communication Technology)を活用して子どもたちの創造表現活動を支援します。
インターネットなどICTの発達により産業のかたちも変わり、文化の異なる人と交流する時代になりました。そんな中、これからの子どもたちに必要となるのは、創造力とコミュニケーション力です。 それらを伸ばすには、創作活動、なかでも、物語をつくり語る活動が最適と考えます。戸外で身体を存分に動かして遊ぶように、想像の世界で心を解き放ち遊ぶことは、子どもたちの心を楽しみで満たします。 また、自分のつくった物語を人が喜んでくれることは、嬉しく誇らしい経験です。これにより育くまれる自己を肯定し人を信頼する気持ちは、大切なコミュニケーションの基盤となります。
楽しみな未来へ、身に付けた創造力とコミュニケーション力で、子どもたちに存分に羽ばたいてほしいと願っています。

企画・デザイン・制作:朝倉民枝(株式会社グッド・グリーフ)作者プロフィール >>
運営:株式会社グッド・グリーフ会社概要 >>
Page Top